転職、就職、アルバイト探しなら
アルバイト情報NAVI

将来転職を考えている方も、今まさにお仕事を探している方も、仕事を探しているすべての方をサポートします。



【国民健康保険に加入か任意継続か】

勤めていた会社を退職したらそれらの健康保険からは脱退ということになります。日本は「国民皆保険」として原則、全国民が健康保険に加入しなければいけないので勤めていた会社の健康保険から脱退した場合は「国民健康保険」に加入しなければならないのです。
ところが、退職後でも会社の健康保険を引き継げる「任意継続」という制度があります。ただし、この任意継続は最長2年間の期限があり、しかも会社が負担してくれていた保険料も個人が負担しなければならないので、実質的な金銭負担は給料からの天引き額の2倍ということになります。しかし、基本的には雇用されていた時の保障内容がそのまま2年間引き継げるので、会社の組合健保が特別に保障が厚い場合(政管健保との大きな違いはない場合が多い)は、任意継続するメリットはあるかと思います。
一方、「国民健康保険」の保険料は、前年の所得に応じて算出されるので「任意継続」の場合と「国民健康保険」の保険料を比べて安い方を選んでおくのも失業者としてはメリットがあると思います。

【家族の扶養に入る】

もう一つの手は「家族の扶養に入る」ことです。これが失業者の保険料負担が「0円!」という一番お金のかからない手段だと思います。ただし、雇用保険を受給中であったら扶養には入れないことや、扶養に入るには収入などの制限があったりと、条件もありますので詳しくは家族に会社の担当部署に相談してもらうなどして扶養に入れてもらえるのかを調べなければ、必ずしも家族の扶養に入れる訳ではないので注意が必用です。



メニュー
HOME(注目のお仕事!)
┣履歴書の書き方
①手書きかパソコンか
②用紙サイズ
③道具はボールペンか万年筆かパソコンか
④西暦か和暦か
⑤希望欄などの書き方
⑥履歴書を書く時の注意点
⑦挨拶状(添え状)について
⑧封筒などその他の注意点
職務経歴書の書き方
面接テクニック
雇用保険の事を知りたい
健康保険はどうなるの?
年金の支払や手続きは?
住民税については?
確定申告に行かなくちゃ




Copyright (c) お仕事探しNAVI All rights reserved.