転職、就職、アルバイト探しなら
アルバイト情報NAVI

将来転職を考えている方も、今まさにお仕事を探している方も、仕事を探しているすべての方をサポートします。



【職務経歴書とは】

職務経歴書とは履歴書だけでは足りない内容を補うために履歴書とともに提出する、これまでの仕事の経歴を書いた書類です。転職の場合には履歴書と一緒に職務経歴書を書くのが主流になってきています。 その意味合いとしては採用担当者が選考する時に、履歴書では解らない応募者の事を知ることができ、また応募者も採用担当者に対して履歴書だけでは解らない自分を知ってもらうことができるものとなります。面接前に書類選考がある場合は職務経歴書の良し悪しも大事なポイントになってきます。職務経歴書はパソコンが使える人はパソコンで作るほうが見やすいものができるでしょう。

【必要な情報は何か】

用紙はA4で1~2枚にまとめ、多くても3枚までに収めます。自分では必用な情報だと思っていても枚数が増えるなら載せるべきではない場合もあります。 中身は、自分が前職などこれまでの仕事でどんなことをしてきたか、これまでに経験してきた業種などはどんなものがあるのか、取得してきた資格、などがメインですが、簡単なPR文も添えれば効果的です。作成には時間をかけて、これまでの自分をふり返り、自分の性格・趣味・仕事などで学んだ経験・退職理由・この先何がしたいのか、などを別紙などにまとめておくと結局は面接で聞かれる内容も含まれるので、質問の答えを用意できることになります。

【書き方はどんなものがあるのか】

大きく分けると「編年体式」と「キャリア式」とがあります。「編年体式」とは、経歴を時系列で順に記入していき、どのようにキャリアを積んでいったのかを見やすくまとめた形式です。比較的、職業経験の浅い人や、転職の少ない人に向いています。「キャリア式」とは、職種や経験職務ごとに見出しをつくり、その経歴ごとの詳細をまとめて記述したものです。こちらは多くの職種を経験している人や、経験を重視する企業や、応募者が経験をアピールしたい場合などに向いています。職務経歴書を手に取る人にわかりやすくまとめられているかが、ポイントなので自分にあった書き方を選ぶようにしましょう。

【どの様にアピールするか】

アピールしておきたい実績はちゅうちょなく記載しておきましょう。これまで従事してきた会社でどんな業務をしていたのか、経歴の補足にこれまで従事してきた会社の情報が必要な場合は業種や規模などを補足します。そこで学んだことなどは、あとで自己PRとしてまとめるといいでしょう。 職務経歴が終われば取得してきた資格名を取得した年月日とともに記入します。とくにアピールする必要もなければ取得した日付順で書きます。 最後に自己PR項目をもうけて、職務経歴で表現しきれなかった伝えたいことを文章まとめます。


メニュー
HOME(注目のお仕事!)
┣履歴書の書き方
①手書きかパソコンか
②用紙サイズ
③道具はボールペンか万年筆かパソコンか
④西暦か和暦か
⑤希望欄などの書き方
⑥履歴書を書く時の注意点
⑦挨拶状(添え状)について
⑧封筒などその他の注意点
職務経歴書の書き方
面接テクニック
雇用保険の事を知りたい
健康保険はどうなるの?
年金の支払や手続きは?
住民税については?
確定申告に行かなくちゃ




Copyright (c) お仕事探しNAVI All rights reserved.